エクセルギー損失を最小化したプロセスの設計と運転の基礎研究

苷蔗 寂樹
(東京大学生産技術研究所 エネルギー工学連携研究センター 特任准教授)

2013年9月4日水曜日

激動の八月と宿題・・・

すっかりご無沙汰気味ですね・・・

さぼっていたわけではありません。
この暑い夏にもかかわらず、必死で仕事をしております。
特に、8月、9月は学会が増えてくる時期で・・・
そのための準備やらなにやらですっかり時間が過ぎてしまいました。

8月5、6日は都内新宿にある工学院大学にて開催された日本エネルギー学会にて発表しました。
その次の日、7日は愛知県にある某企業さんの工場見学に・・・これまで見たくても見れなかった装置が見れたので、大興奮でした。

一週間あいて、18日からはWCCE&APCChEに参加するため、韓国ソウルに移動。


その後、発表をおこないました。この発表は本研究の基盤となる研究の内容で、今年の学会発表の中では非常に重要と考えておりました。特に、4年に一回しか開催されないWCCEでの発表です。良い勉強になりました。

ちょっと休憩して、22日にソウルにて食べた、韓国焼肉です。この食べ方はチェジュ島の食べ方だとか、韓国の学生に連れて行ってもらいました。でっかい豚肉ですね。


23日にインチョン空港から福岡へ移動し、電車で北九州に移動しました。北九州市立大学北方キャンパス(今井先生のところですかね???)で開催されたICGETに参加し、ここではkey noteを行いました。この学会に行ってびっくりだったのは小さな学会なのですが、ほとんどが海外の人でした。話を聞くと、どうやらバングラデシュの人たちが主催しているそうです。
バングラデシュのテレビ局の人も来ており、学会で発表される技術を放送するのだとか???映像は確認できませんが、いつの間にか、バングラデシュのテレビデビューをしているのかも(笑)

さてさて、26日にやっと東京に帰ってきて、残っていた仕事の山を徐々に片付けている状態です。
というわけで、体調を崩しながらも、なんとかという状況です。