エクセルギー損失を最小化したプロセスの設計と運転の基礎研究

苷蔗 寂樹
(東京大学生産技術研究所 エネルギー工学連携研究センター 特任准教授)

2014年6月9日月曜日

スカイツリー、キャンパス公開とクアラルンプール出張

ご無沙汰しております。


突然ですが、みなさんは東京スカイツリーと言われると、何を思われますか???



634mの自立式電波塔として世界一の高さを誇るわけですが、同時に地域冷暖房施設としても注目されていることをご存知でしょうか???

5月28日に日本エネルギー学会の部会のセミナーと見学会で、その地域冷暖房施設を見学してきました。蓄熱用の大水槽が設置されています。この大水槽の中をのぞくことはできませんが、ヒートポンプ設備など、なかなか面白い体験でした。

この施設は運営されている東武エネルギーマネージメント様によると一般の方でも見学を受け入れてくださるようです。ご興味のある方は、直接見学申し込みをお願いいたします。

電波塔の下にも色々と秘密があることがわかりました。エネルギーって奥が深いですね。



話は変わって、案内を出しましたが、キャンパス公開が先週末に行われました。その直前に…クアラルンプールに会議のため出張で行っておりました。このクアラルンプール出張、なんと現地1泊、機中1泊の2泊3日という弾丸ツアーです。

クアラルンプールのいまや象徴ともいえるペトロナスツインタワーの真下のクアラルンプールコンベンションセンター(KLCC)まで本当に弾丸で行き、帰ってきたその日はキャンパス公開という日程でした。そのため、何もしておらず、あまり書くことはないのですが…

さて、皆さんはこのクアラルンプールという都市名がクアラ・ルンプールだとしっておられますでしょうか?よく現地の人は長いのでKLと言います。私もシンガポール留学時にそのことを知りました。



金曜日の朝に成田に到着、飛行機が電気系統のトラブルで1時間程度遅れたのですが、無事到着し、すぐさま、生産技術研究所へ…少し眠いながらもキャンパス公開1日目に参加いたしました。

そのときに、今年は「やさしい科学技術セミナー」の開催はないのかという質問がありました。ある中学・高等学校からも問い合わせがあったようです。一つ前のブログでも書きましたが、残念ながら今年は開催しておりません。すみません。要望があれば、スケジュール次第になりますが、各学校に赴くこともできます。

2日目は別の研究室の方から、中学生のグループを展示場に連れて行くので、説明してくださいという問い合わせを前日うけていたために、昨年、「やさしい科学技術セミナー」で使用した資料や物をとりだし、準備しました。それらの物を使って説明するとその中で、数人の学生が「すげーーー」といっていました。どうやら気に入ってもらえたみたいで、すごくうれしかったです。

この二日間、あいにくの天気で来場者数は昨年にくらべ大きく減ったようです。でも中学生や高校生の来場者数は増えたようですので、展示する内容を今後はもう少し変更していこうと思っています。