エクセルギー損失を最小化したプロセスの設計と運転の基礎研究

苷蔗 寂樹
(東京大学生産技術研究所 エネルギー工学連携研究センター 特任准教授)

2014年8月4日月曜日

受賞講演、招待講演などなど・・・

化学工学会 第46回秋季大会(九州大学伊都キャンパス)にて
次の二つの講演を行います。
優秀論文賞と書いてありますが、受賞したのは、Journal of Chemical Engineering Japan, Outstanding Award of 2013です。


[優秀論文賞]
シンポジウム <持続可能な社会を支えるエネルギーの転換・貯蔵・利用技術に関する最新の動向>
不可逆性とエクセルギーの観点からの自己熱再生熱プロセスの評価

[招待講演] 
シンポジウム <省エネルギー蒸留プロセスを支える要素技術>
エクセルギーに基づく省エネルギー分離プロセスの設計

ご興味ある方は是非参加してくださいね。
国際科学技術財団様よりご支援いただいた研究内容に両方とも関連しております。


という研究者らしい宣伝をいれてみました。


さて、長いことご無沙汰していたので、少し近況報告です。
暑い日も続く中、研究活動を行っております。
研究者にとって夏から冬までというのは学会シーズンになり、実は一番忙しいシーズンになります。
私にとっての、今年の学会シーズンの幕開けは第23回日本エネルギー学会大会となりました。7月19日から九州大学(箱崎キャンパス)にて開催されました。
今年、新しいエネルギー基本計画が提案され、エネルギーへの関心がまた一段と高まっているように思います。そういう意味では今回の大会はその直後の開催という意味もあり、重要な大会だったのではないでしょうか?

その次の週は学会ではなくある企業の工場を見学させていただきました。現在実施しているプロジェクトの関係で見学をお願いしました。天気が良すぎて非常に暑かったのですが、気になっていた点がかなりすっきりしました。やっぱり、現場を見てこそ、研究がはかどるというものなんだなと思いました。とはいえ、プラントは複雑なのと同時に、先人の知恵に満たされているので、新しい要素というのは難しい…がんばります。