エクセルギー損失を最小化したプロセスの設計と運転の基礎研究

苷蔗 寂樹
(東京大学生産技術研究所 エネルギー工学連携研究センター 特任准教授)

2014年8月4日月曜日

受賞講演、招待講演などなど・・・

化学工学会 第46回秋季大会(九州大学伊都キャンパス)にて
次の二つの講演を行います。
優秀論文賞と書いてありますが、受賞したのは、Journal of Chemical Engineering Japan, Outstanding Award of 2013です。


[優秀論文賞]
シンポジウム <持続可能な社会を支えるエネルギーの転換・貯蔵・利用技術に関する最新の動向>
不可逆性とエクセルギーの観点からの自己熱再生熱プロセスの評価

[招待講演] 
シンポジウム <省エネルギー蒸留プロセスを支える要素技術>
エクセルギーに基づく省エネルギー分離プロセスの設計

ご興味ある方は是非参加してくださいね。
国際科学技術財団様よりご支援いただいた研究内容に両方とも関連しております。


という研究者らしい宣伝をいれてみました。


さて、長いことご無沙汰していたので、少し近況報告です。
暑い日も続く中、研究活動を行っております。
研究者にとって夏から冬までというのは学会シーズンになり、実は一番忙しいシーズンになります。
私にとっての、今年の学会シーズンの幕開けは第23回日本エネルギー学会大会となりました。7月19日から九州大学(箱崎キャンパス)にて開催されました。
今年、新しいエネルギー基本計画が提案され、エネルギーへの関心がまた一段と高まっているように思います。そういう意味では今回の大会はその直後の開催という意味もあり、重要な大会だったのではないでしょうか?

その次の週は学会ではなくある企業の工場を見学させていただきました。現在実施しているプロジェクトの関係で見学をお願いしました。天気が良すぎて非常に暑かったのですが、気になっていた点がかなりすっきりしました。やっぱり、現場を見てこそ、研究がはかどるというものなんだなと思いました。とはいえ、プラントは複雑なのと同時に、先人の知恵に満たされているので、新しい要素というのは難しい…がんばります。

4 件のコメント:

  1. 先生、優秀論文賞受賞おめでとうございます。
    ところで、先生の投稿の最後の文節にあります、企業の工場見学での学びと研究との絡みですが、面白いと思いました。”プラントには先人の知恵が満ちており、新しい要素が入っていくのは難しい。。。。”その通りだと思います。プラントエンジニアだった父が、その昔、研究者の人たちとの接触を楽しそうにしゃべっているのを聞かされたことを思い出します。お互いの情報交換ですごく盛り上がると言ってました。いろいろ気づきが多いとも言ってました。ちらっと思い出したので忘れないうちに書きました。ではでは。。

    返信削除
  2. 中原様、ありがとうございます。
    しかし、中原様はいつも鋭いところにコメントをくださいますね。私はまさしくプラントエンジニアリングの分野で研究活動を行っていますが、いつみてもプラントはすごく上手く作られているな~と思ってしまいます。
    プラントやプロセスのデザインと言っていますが、見た目ではなく(もちろん見た目も重要ですが・・・)部分部分に意味があって非常にすばらしいものだと思います。中原様のお父様を含め先人の偉大さに気付かされます。
    実は、先日の工場見学の際には現場で運転しておられる人だけでなく、そのプラントを作った人も参加されていました。(偶然にもプロジェクトに参加されていました。)その人からは貴重な話を聞かせていただけただけでなく、大学における研究では絶対に興味を持たないであろう部分についても説明をうけて、さらに勉強になりました。
    でも、私たちもその先人を越えていけるようなアイデアやプラントを構築していきたいですね。

    返信削除
  3. 先生。鋭いなんて、とんでもない。文科系の人間が、物事がわかってないから、勝手なことを言えるだけですよ。

    エンジニアと研究者が、問題解決のために一致団結して力を出し合うことができればいいですね。日本はそういう摺合せが得意な民族だと思います。
    頑張ってくださいね!未来は先生のような人の双肩に
    かかっています。

    返信削除
  4. 中原様、鼓舞いただきありがとうございます。
    少しでもご期待に添えるようにがんばります。

    返信削除