エクセルギー損失を最小化したプロセスの設計と運転の基礎研究

苷蔗 寂樹
(東京大学生産技術研究所 エネルギー工学連携研究センター 特任准教授)

2015年2月9日月曜日

宣伝???  講演会の情報です。

第14回コプロワークショップ (2015年2月20日開催)
エクセルギー再生およびコプロダクションによる革新的省エネルギーと次世代産業基盤の構築:
革新的高効率発電に向けて


主催: 東京大学 エネルギー工学連携研究センター (CEE)
協賛: 東京大学 エネルギー・資源フロンティアセンター (FRCER)
     東京大学 先端電力エネルギー・環境技術教育研究センター (APET)
     化学工学会エネルギー部会、日本エネルギー学会、日本機械学会、日本化学会、
     エネルギー・資源学会、日本鉄鋼協会

日時: 2015年2月20日(金)13:00~18:00 (受付開始 12:30)
場所: 東京大学生産技術研究所 コンベンションホール(An棟 2階)

趣旨:
 再生可能エネルギー、未利用エネルギーの導入・利用促進とともに省エネルギーの重要性が認識されつつある。しかも、10~20%程度の省エネではなく、2050年でエネルギー消費を半減、2100年で1/10 までの削減が求められている。本ワークショップでは、これまで従来のエネルギー有効利用の原理である燃焼・加熱、カスケーディング利用に代わるエネルギー利用原理として、劣質化したエネルギーを再生させ循環利用する「エクセルギー再生」を提案し、熱エネルギー利用において、従来は燃料を燃焼させて熱を発生させそれで加熱していたのに対して、一切加熱することなく熱を完全循環利用する(自己熱再生)ことによって、従来技術に比べてエネルギー消費を1/5~1/20と革命的に削減することが出来ることを示してきた。自己熱再生技術は、蒸留、ガス分離、濃縮、乾燥など、全ての熱的プロセスに適用することが可能であり、加熱炉・ボイラーをコンプレッサーと熱交換器で置き換え、産業基盤、物質生産とエネルギー生産のあり方を根底から変革する可能性を秘めている。人類のエネルギー消費を1/10 にできる科学原理を見いだしたと言える。
 エネルギーの安定供給とともに地球環境問題への対応を図っていくためには、石炭をクリーンにかつ高効率に利用することができるIGCC/IGFC 技術が欠かせないものとなりつつある。今回のコプロワークショップでは、クリーンで高効率な発電技術である石炭ガス化複合サイクル発電技術のエクセルギー再生・自己熱再生技術を適用した高効率発電技術について議論する。




参加費: ワークショップのみご参加の方は無料 (要事前登録)



を開催します。ご興味あるかたは、是非参加してください。ちなみに、私も二人目の登壇者です。


5 件のコメント:

  1. 小倉(ジャパンプライズ)2015年2月10日 10:14

    まだ満員御礼ではないのですか?
    財団の会員の皆さんにも案内しますか?

    返信削除
  2. 小倉様
    コメントありがとうございます。
    会員の皆様には案内しないで大丈夫だと思います。
    あくまでも、私の活動の案内ということで、書きました。

    返信削除
  3. 小倉(ジャパンプライズ)2015年2月10日 14:29

    了解です。
    何かあったらご連絡下さいね。すぐに動きます。

    返信削除
    返信
    1. 重ね重ねありがとうございます。

      削除
  4. 中原様、ありがとうございました。

    今回は、自分の講演以外でバタバタしました…
    私自身は学会にて停電下で発表したことがあるんですけどね。(疲れました。)

    返信削除